より健康にプラスとなる亜鉛サプリの飲み合わせについて

私達の身体の健康を維持するうえで、常に体内に確保すべき栄養成分は少なくありません。
そんな中でも吸収率が極めて低い特性を持つだけでなく、一緒に摂取する食物との相性で、その効果が大きく左右される亜鉛の摂取に関しては、飲み合わせの良い悪いを正しく踏まえておく必要があります。

まずは注意すべき成分として、フィチン酸があげられます。
これは私達が日曜頻繁に口にするインスタント食品や、穀物、豆類などに豊富に含まれています。
これ自体は抗酸化作用、ドロドロの血液をサラサラにする効果がありますが、これを一緒に摂取してしまうと、水に溶けずにそのまま排出されてしまい、結果より吸収率を定価させてしまいます。
穀物や豆を発酵させることで、フィチン酸を取り除くことができますので、発芽玄米や納豆を選択すると良いでしょう。

次に私達が好んで食べる、スナック菓子を始めとする大半の加工食品に用いられている、ポリリン酸にも注意が必要です。
この成分もまた、吸収率を定価させるだけでなく、体内の成分を排出させてしまう性質があります。
ポリリン酸カリウム、ポリリン酸ナトリウム、乳化剤などと表記が異なっていることもありますので、こうした商品の調達時には、これらの成分表示に注意してください。
また身体に良い、欠かせぬイメージの、同じミネラルの一種であるカルシウムの、各種栄養素の中では吸収率が低い成分です。
骨の形成に欠かせぬ成分で、イライラを抑制する効果でも知られていますが、こちらを過剰摂取してしまうと、肝心のサプリメントの効果を阻害してしまいます。

その他の成分で、摂取する時間を分けることで、双方の成分の接種率にデメリットが及ぶリスクを避ける工夫も大切です。
鉄や銅などを摂取したい場合には、亜鉛を毎朝摂取するのに対し、昼食や夕食でこれらを意識的に摂取するなど、同時摂取を回避する工夫がおすすめです。

対して飲み合わせが良いものとしては、マカ、肉類や魚類に豊富に含まれる動物性たんぱく質があげられます。
それぞれの成分の特性から吸収率を上げる効果が期待されるだけでなく、動物性たんぱく質は食物繊維による吸収率抑制作用を除外する効果が得られます。

また薬との併用に際しても注意が必要です。いものとしては、一部の市販薬や処方箋には、屁用することで何らかの成分が副作用を生じさせる可能性が懸念されます。
利尿薬、関節リウマチの治療薬、抗生剤などにはリスクが想定され、これらを常用されている場合には、かかりつけの医師への確認が大切です。
亜鉛サプリの失敗しない選び方。必ず抑えたい3つのポイントとは。人気亜鉛サプリの比較検証・ランキングはこちら